これだけは買いたくない。買ったら負けだと思ってましたけど買いました。「アーノットアトリエ オルガンコードボックス」。電源コードとかしまえるやつ。

スポンサーリンク

木目調デザインで、ただの箱です。中にOAタップを入れて、蓋を閉めると、見た目がすっきりするという商品です。すっきりするといっても、そもそもなんのために延長ケーブルを使っているかというと、壁コンから遠く離れたところで、たくさん電源コードを使いたいからです。電源コードを使うということは、コードで何かの機器に接続しないといけないということです。つまり、こんな箱があったところで、必要なケーブルはモロっと引き出さないといけないということです。ほとんど意味無いじゃんそんな箱! そう思ってましたが買いました。

意外と隠れる

ベッドの下にあるOAタップを隠すために買いました。いつも気にしないようにはしていたんですが、やっぱり気になるのがスマホ充電用のUSB電源変換アダプタ。これダサイんですよね。アダプタって、ほんとダサイ。4つもポートがあいていて、android、iPhone(iPod)、docomoガラケー用のコードを繋いでいたんですが、もう超もっさり。見た目超もっさり。それで、最終的に、買っちゃいました。ただの箱を。

ただこれが、意外と隠れます。やっぱりアダプタ系が隠れるのがデカいです。普段使ってないけどたまに使うケーブル、例えばwiiコントローラ充電用のケーブルなんかを、収納感覚でそのままぶち込んでおけるのもいいです。写真で見えにくいですが、下の方にsurface proのAC変換アダプタも入ってます。

見た目はまあ、結構すっきりしてよかったなとは思ったんですが、僕はもう一つ気になっていたのが、「熱こもりそう」ということです。電源ケーブルとか、アダプタとかって、熱がこもって燃えたりしたら嫌じゃないですか。嫌というか、事件ですよね。熱に関しては、まあ別に気にならなかったです。割りと大きなケーブル通し用の穴が両サイドに開いてるし、そんなに出力の大きな機器も繋いでいないし。大体OAタップ自体が15Aくらいですからね。薄々感づいてはいましたが、熱は特に問題ない商品なんだと思います。逆にOAタップにホコリが直接つもらないから、トラッキング現象対策になるかもわからないですね。

どうしてもお金を使いたくて仕方がない人、OAタップのアダプタが憎くて仕方ない人におすすめ。

Posted in 雑貨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です