魔法つかいプリキュアの二人がルーキープリキュアとして登場する映画、「映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪ 奇跡の魔法!」の初日舞台挨拶に行ってきました。新宿バルト9で二回分。うーん。やっぱり何度見ても、ほっちゃん可愛いわー。

スポンサーリンク

44人(公式)のプリキュアが出るやつ

いまさら説明は不要だと思いますが、「映画プリキュアオールスターズ」シリーズは、毎年3月に公開される、たくさんのプリキュアが出る映画です。基本的には、歴代プリキュアが全員出ます。ただし、人数が多すぎるので、近年では、登場はするが声は発さないプリキュアも結構います。今年のオールスターズでは誰が声を出せるか? も、楽しみどころの一つです。

舞台挨拶に関しては、僕は今まで一度も参加したことがありませんでした。いつも気がついたときには、既にチケットが完売しているので、後日発売されるブルーレイの特典映像として楽しんでいました。しかし、今年はキュアマジカルことリコ(CV堀江由衣)が登壇するだろうということで、あらかじめスマホに「3月1日そろそろ舞台挨拶の申し込み」とスケジュールを登録しておき、万全の体制で挑みました。おかげで新宿バルト9の舞台挨拶付き公演二回分のチケットを無事に入手出来ました。

以下ほんのりネタバレ含みますのでご注意ください。映画を見る予定の人はまず見てから。また、見る予定のない人は、読んでから映画館で見てみてください。

ミュージカルになってる

「みんなで歌う♪」とある通り、ミュージカル映画になっています。去年のオールスターズ「春のカーニバル♪」にも音楽パート(オドレンとウタエン……等)がありましたが、今回はもっとミュージカルになってます。特に冒頭の曲『あなたがいるから』では、街角でみらいとリコが会話をしていると、後ろで音楽が鳴り始めて、それに合わせてみらいが歌い出し、リコが応えて、さらに木の陰からGo! プリンセスチームが謎の登場をしながら歌い出し、気が付くと周りの通行人もコーラスに混じってくるという、ミュージカルあるあるになっています。これ、僕大好きなんですよね。曲が終わってタイトルコールが来るんですが、拍手したいくらいでした。

「街角」以外にも、ミュージカルあるあるの「離れた場所にいる二人の掛け合い」もあります。敵のあまりの猛攻(特にキュアマジカル、ぼこぼこ)に、マジカルとミラクルは挫けそうになってしまいます。そんなとき二人は思います。「ミラクルが隣にいてくれたら……」「マジカルが隣にいてくれたら……」。二人の「会いたい」という気持ちが、歌になって、次第に重なります。切ないけれど素敵な曲です。『無力な戦士』これもかなり好き。

さらに、ミュージカルあるあるの「歌で敵と思いをぶつけあう」もあります。CMにも登場している今回敵役の「ソルシエール」という女性が、魔法つかいプリキュアの二人に悲痛な思いをぶつけます。すると、やはりどこからともなく音楽『考えてみて』が聞こえてきて、ミラクルとマジカルが「思い出して。愛していたはず」と、これまたいい感じにミュージカルで説得します。これを受けたソルシエールの悶える様子が非常にドラマチックで、心の動揺がありありと伝わってきます。動揺が大きくなるにつれて、効果的に曲が盛り上がっていくのがまた良いです。

いつものマグカップ

まあ、実を言うとここ最近マグカップ買ってなかった(売り切れてた)んですが、今回は初日に見たのでちゃんと回収してきました。最近のマグカップは、オールスターズなのに現行プリキュアしかプリントされていないようですね。映画見ている間もずっと考えていましたが、やっぱりキュアミラクルかなり可愛いですよね。好みのタイプです。

CD付きパンフレットがある

通常の600円くらいのパンフレットの他に、CD付きのパンフレットが売ってしました。こちらは2,000円くらいだったと思います。厚紙のカバー(パンフレットとは分離)にCDが一枚入っており、収録曲は1曲。「みんながいるから☆プリキュアオールスターズ」で、EDで流れる主題歌ですね。まーほー、がーあるず、です。

パンフレット

パンフレットは大体いつも通りです。各プリキュアの紹介、ストーリー、なぞなぞ、ゲーム(すごろく)、キャストコメント、スタンプ台紙、販促。ただ、劇中歌の歌詞が載っていて、これが非常に良いなと思いました。というか、劇中歌のCD欲しいな、と思ったら、販促コーナーに「好評発売中」として劇中歌CDの記載がありました。「映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法! オリジナル・サウンドトラック」と「映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法! 挿入歌ミニアルバム」ですね。とりあえずポチりました。「挿入歌ミニアルバム」の方には劇中歌のフルバージョンが収録されているようです。『無力な戦士 (フルバージョン)』は超楽しみだし、『やっと会えたね! (フルバージョン)』も、せっかく五條さんが歌っているのに劇中では一瞬しか流れないので、はやくフルで聴きたいです。

上の画像はパンフレットより引用です。この一枚だけでも、キュアミラクルがいかに可愛いかお分かりいただけると思います。この二人がメインでミュージカルする映画なんですから、見ない理由が無いですよね。

舞台挨拶

舞台挨拶には現行プリキュアの二人(高橋李依、堀江由衣)と、ゲスト敵キャラ声優二人(新妻聖子、山本耕史)が登壇されました。エンタメ詳しくないんですが、ゲスト声優は舞台やミュージカルで活躍されている方だそうです。新妻さんは終始笑顔で、話している時に手やら足やらぶらぶらさせていて可愛らしい方でした。山本さんはご自身でもおっしゃっていましたが、中尾隆聖さんに声が似ていました。せっかくなのでノイズの声もあてればよかったんじゃないでしょうか笑。

まあしかし、ほっちゃんですね。久々の生ほっちゃんでしたが、「やっぱりほっちゃんは最高に可愛い」ということが再確認できました。途中で「ゴー」がどうのこうのと言い出した時は、ほっちゃんそれは「ゴー」じゃなくて「ファイブ」なんだよ、イエス! と思いましたが、話を聞くとどうやら「ドキドキ」を「ゴー」(プリンセス)と言い間違ったようでしたね。巧妙な罠でした。特典映像に収録されるかな? あと、プリキュア(きぐるみ)も来ていたんですが、キュアミラクルが結構可愛い顔してました。どうもミラクルが好きで困るな。

Posted in オタクTagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です