私、ほっちゃんファンを名乗っていながら、ほっちゃんの出演したアニメを見なければ、ゲームもしない、という、ナメきった日々を送っております。それって本当にファンなのか? ということで、手始めにほっちゃんのキャラソンを集めてみることにしました。

スポンサーリンク

だいたい集まった

まだ完全に集まったわけではないのですが、大体集まりました。ほっちゃんのCDがどれほどあるかについては、「堀江由衣の作品」(Wikipedia)に詳しいです。堀江由衣がクレジットされているCDはたくさんあるのですが、それらは、いくつかのカテゴリに分類することができます。僕は次のように分類しています。

ほっちゃん
ほっちゃんだけが歌っている。
準ほっちゃん
ほっちゃん他数名が歌っている。デュエット等、ほっちゃんの割合が高い。
やや堀江由衣
ほっちゃんも歌っている。確かに歌っていることは分かる。
ほとんど堀江由衣ではない
ほっちゃんを聞き分けることが難しい。寝坊してレコーディングに間に合わなかった可能性がある。

このように、たくさんあるようにみえるキャラソンも、実は「堀江由衣を楽しむ」という観点で見てみると、それほど多くはないのです。実際、今僕の手元に集まった「ほっちゃん」カテゴリの曲は、120曲しかありません。闇雲にCDを集めると、青天井に続く出費に頭が痛くなってきますが、ポイントを抑えて集めることで、最大のコストパフォーマンスを得ることが出来ます。

今回はその中でも更にポイントを絞り、僕が「これは! この曲を聴かないで生きているのは損失だ!」と感じた曲をピックアップしてご紹介します。

聴かずに生きてきた時間が損失な曲

まず、はじめにハッキリと申し上げておきますが、カテゴリ「ほっちゃん」の曲にハズレはありません。それもそのはずです。ほっちゃんが一人歌っているのですから、それは言わば天使100%。Pure Angelなわけですから、ケチのつけようもありません。

それならば、なぜ僕は、こんな順位付けまがいのことをしようとしているのか? 天使は、天使。それ以上でも、それ以下でもないのに、なぜ?

それは、人間に与えられた時間が有限だからです! どんなに素晴らしい曲も、同時に再生したのでは何を歌っているのか分かりません。そこに順序が生まれるのです。そういうわけで、可及的速やかに聴かなければならない曲をご紹介します。

空のリフレイン

「なぜ切ないほどに惹かれあうの」これは、本当に、素晴らしい曲です。綺麗で、しっとりとした、名曲です。ほっちゃんの曲で一番好き、という人がいても、分かる~って感じです。優しく透き通った歌声に感動すること間違いなし。過去の黒ネコ集会でも、結構歌われているようです。僕も生で聴いてみたい。

桜見る運命

「ずっと愛して」同じくSAKURA~雪月華~から。これも、本当に、素晴らしい曲です。心にしみる。尊い。あまりに曲が良すぎるので、ゲームも購入してやってみました。結構面白かったです。関係ないですが、アニメD.C.IIの由夢が「なななななな(赤面)」っていう回があって、そこで妹萌えに目覚めたことを思い出しました。

MAGICAL PEPPERMINT

「ちゅるっちゅっちゅるっちゅ」クラブミュージックです。ほっちゃんの可愛いラップがハマってます。ノれるので、作業中にもおすすめ。かわいい。

恋のetude

「唇さえ あなたのもの その指先で触れてね」印象的なヴァイオリンに合わせて、ほっちゃんが切なくも力強く歌います。とにかくカッコいい。すごくおすすめ。イントロが、ほっちゃんの息を吸い込む音で始まっている気がします。かわいすぎる。

銀の雪が舞う夜に

シンセが効いていて、ちょっと前のJ-POPのような感じですが、めちゃくちゃかっこいい曲です。同CD収録の『琥珀色の黄昏』もかっこいいです。

スイーツはいかが?

「すきすき! あ・な・たのっ すーべてがすーきー」アップテンポでほっちゃんが一生懸命歌っている感じがとても可愛いです。他にシエスタのキャラソンで『瞳の中の夕焼け~My Truth~』、『空がくれた贈り物』という曲がありますが、そのどちらも良いです。

見つけなくちゃ! 乙女心!! -すぴかRe:Mix Ver.-

「ぜったぁい♪」テクノ調で、ノれる曲です。ほっちゃんの可愛い声って、ピコピコ系に合いますよね。もっと、手始めにモクちゃんの曲のカバーとかやってみたらどうでしょう。

ちょこれーとけーき☆宣言

「ダーリン♪」テンポが良くて歌詞が可愛いし、ほっちゃんの声が可愛いし、とにかくもう、「ダーリン♪」がね、くる、次くるよ……って分かってるのに「ウワァァァー!」ってなるくらい可愛い。

なのです☆

「あうあう はうう はううあうあう!」言わずと知れた名曲ですね。はうあうぁぅ~。どちらかというと電波を感じる系の曲です。

chocolate insomnia

「本当はずっと 夢見ていたの」羽川さんの曲の中でいちばん好きです。曲調が良いですよね。化物系はアレンジが完成されていて、聴いているだけで感動します。ほっちゃんではないですが、同アルバムに収録されている『恋愛サーキュレーション』は誰もがヘビロテしたのではないでしょうか。

是非聴くことをおすすめする曲

悪いことは言わない。とりあえず聴いてみたほうがいい。ゆっくりでいいから始めてみよう、な曲を紹介します。

Candy Holiday

こういう音楽って何ていうんですかね……。小気味よいパーカッションに、素朴なオルガン? のメロディが印象的な、オシャンティな曲です。ポップなメットを被って、ベスパでパリを走るような……笑。ほっちゃんってそういうイメージに憧れていそうなので(パリ的な?)、なんか好きです。

milky way

爽やかなギターのサウンドに、ほっちゃんの透き通る歌声が重なるキレイな曲です。何かが始まるような、そんな気持ちにさせてくれます。

The First Star

「Dream on 私の夢 空の星のよにたくさん」J-POPって感じです。普通に可愛い。ほっちゃん関係ないですが、スカイガールズはOPEDも好きですね。

奏でるように恋をして

「かなでるよにこーいをしーてー いーるよー」白河ことりの曲は、他にも何曲かありますが、一番ノリが良いのがこの曲だと思います。オシャレな感じの『Pureness』、しっとりしている『二人だけの音楽会』も好きです。ベスト盤一枚買えば全部揃うかな? と思いましたが、そこはサーカス、そんなに甘くありませんでした。全部揃えるには、D.C. vol3, D.C.S.S. vol1, D.C.P.S. vol1, D.C.P.S. vol2, D.C.F.S., D.C.ifのキャラソンCDを買う必要があります。

ハッピー・ハロウィン MARIA

「マリアは幸せ うー♪」ほっちゃんが可愛い系の声で歌っている、あ、キャラソンだ、っていう曲の一つです。かわいい。

心の中の冒険

「きーみーがー いまでもー さーがーしー つづけるー」ほっちゃんがメインヒロインの音ゲーなので、他にもたくさん曲があります。素朴な曲が多いので、ほっちゃんの歌が際立ちます。ちなみにメインヒロインのサフィは、料理ができなくて、探偵に憧れている、という、誰かに似ているキャラクターです。

さらら男のみち

「とめてくれるなぁ おっかさん 津軽の冬はぁ 身にしみる」ほっちゃんが演歌を歌います。かわいい。

ヒーローじゃなくていい

「クロネコ・オブ・エターニャ2」の主題歌こと「それが声優!」劇中歌です。ほっちゃんが歌っているバージョンは、コミケでしか販売されていません。僕もそのコミケに行ったはずなのですが、詳細を調べずに行ってしまったので、Aice5のベスト盤だけ購入して帰宅するという過ちを犯してしまいました。安心してください。ヤフオクとかで買えます。

この曲は、アニメで流れたときも「まあ普通にいい曲だね」と思いましたが、よくよく聴いてみると、これがまた歌詞が良いんですよね。疲れているときに聴くと泣きそうになってしまうような、元気のもらえる曲です。

ありがとう

ほっちゃんの声が低い! どんな声でもほっちゃんは可愛いなあ~。大江千里さんの「ありがとう」をカバーしているそうです。ほっちゃんカバーの曲は他にも何曲かありますが、どれも良いです。全ての音声が堀江由衣の声に聴こえるようになればいいのに。

いつもそばで

ノリが良いです。イントロが、なんとなく、ゆかりんの曲が始まりそうな雰囲気です。

ラムネ色の夏

先日、黒ネコ集会Vol.17、通称セブサマでも歌われていましたね。間奏でほっちゃんが爆笑しながら観客に水鉄砲を撃っていたのが印象的です。

ラブひなは、一つ一つCDを集めようとすると面倒なのですが、コンプリートボックスを購入すると一気にすべて揃うので楽ちんです。というか、『恋のチカラは不思議な魔法』はコンプリートボックスにしか収録されていないので、これを購入する以外の選択肢はありません。

ライブDVDも2枚出ているので、動いているほっちゃんを堪能できます。

ココロのアンテナ

リズム隊がいいですね。ほっちゃんの素朴な歌い方がハマってます。古い曲っぽく聴こえるような加工? か分からないですが、全編通して後ろの方でプチプチノイズが乗っているのはやや気になります。オーディオ壊れたのかと焦りました。

しかし何と言ってもこのCDはブックレットが良いです。ほっちゃんに見下されてる! 見下してるのに、優しい瞳をしているんですよね……♪ 僕は1,200dpiでスキャンして好きなときに見られるようにしています。

Brand-new コミュニケイション

これはキャラソンというより、堀江由衣名義の曲です。でも、CDのジャケットも鉄コミュニケイションなので、キャラソンなんだと思っていました。他の堀江由衣名義のCDと違って、販売元がポニーキャニオンです。8センチCDなのも特徴的ですね。あとは『yui horie CLIPS1』付属の『お話を聞かせて』くらいじゃないですかね、8センチなの。

ジャケットの裏にほっちゃんがいるのでラッキーな気持ちになれます。かわいい。

以上20曲強でした

そういうわけで、動画サイトへのリンクが一切ない曲紹介でした。まあその、曲名トリプルクリック→右クリック「グーグルで検索」ってやれば試聴できると思いますので、そこはご随意に……。

しかし、書いていて思いましたが、本当にこの記事意味ないですわ。だってほっちゃんの曲、どれもいいんだもん! ほっちゃんが単独で歌っている、「ほっちゃん」カテゴリの曲は、ほっちゃんファンなら絶対に聴いたほうが良いです。「ややほちゃ」「ほちゃ?」カテゴリになってくると、ほっちゃんの透明感や優しい歌声が仇となって、本当に歌っているのかどうかわからないレベルになってくるので、予算に余裕があれば集めるだけ集めてみてもいいかもしれません。聴くかどうかは別として。

Posted in オタク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です