自然の中では、人は自分の腕で歯を磨くものだ。電動に慣れてしまうと、いざ電気がなくなったときに、自分の歯すら磨けないようになっている。一時期、僕はそういう思想に取り憑かれていたので、頑なにデンターシステマを手放さなかったのですが、ここ2年はフィリップスのソニッケアーを使っています。これ、舌磨きに最も適した歯ブラシの一つなんです。

スポンサーリンク

ソニッケアー

まず、フィリップスの電動歯ブラシを使ったことない方は、ぜひ一度試してみてほしいです。フィリップスの電動歯ブラシは、振動具合がハンパない。初めて使ったときは、振動で手のひらが痒くなるくらいでした。それまで僕は、BRAUNやGUMの、なんかヘッドがシャカシャカ回転する電動歯ブラシしか使ったことがなかったのですが、そういった製品とは一線を画しています。ソニッケアーは、ただ高速かつ小刻みにヘッドが振動するだけなのに、すごく洗浄能力が高そうな感じがするのです。

僕の使っているソニッケアーは、デザインも洗練されています。というのも、無駄な出っ張りや、角ばったところがほとんどないので、2年以上使用しているのに、こんなにキレイな見た目を保っているのです。マクロ撮影なので、まあ冷静に見ると軸のあたりに歯磨き粉のカスのようなものが見えますが、これ、撮影用に洗ったりなんかしてないですからね。普段づかいのまま、パッとおいて撮影したものです。ろくに手入れしないでこの美しさは、まさにデザインの勝利といえましょう。

おや、これは……?

さて、これも普段使用しているものを持ってきてそのまま撮ったものです。PHILIPSと書かれた土台の上に突起がありますね。これはなんでしょうか?

充電クレードル

そう、これが充電用のクレードルなのです。電気を補充するのに、金属接点がないのです! たぶん、プラスチックの突起もただの位置合わせのためのものであって、中のコイルで無接点充電しているのでしょう。水回りで使用するものですから、金属部品があると確実にサビます。この構造だと、水分で接点がショートすることもないので、安心して使用できます。

こんな素晴らしいデザインだったのに……

2年も前の商品なので、現行機は新しいデザインになっています。基本は変わっていませんが、ボタンのあたりとか、ちょっと水垢が付きそうな感じだったり……。ソニッケアーにはモデルが複数あって、モデルによって機能やデザインの細部が異なります。ただ、僕が使っているソニッケアーもそうですが、一番安いモデルで必要十分です。あとは多分、どうでもいい機能が沢山つくのだろうと思います。

舌磨きに最高のヘッド

さて、ソニッケアーの最大の特徴が、このヘッドです。プラークディフェンスで、プロリザルツな、このヘッドなのです。マクロ撮影なので毛束感ありますが、触った感じは、ぶにゅぶにゅとしたゴムのようです。ぎっしりとしているのです。おそらくこの弾力が、高速振動に耐えつつ歯垢を取り除くために必要なのだろうと思いますが、これが舌磨きにぴったりなのです

舌磨きといえば

僕は舌磨き専用ブラシの形状や、その洗面所に置いてある風景最高に嫌いです。シンプルじゃない感じが嫌なんです。そして、そういったブラシで舌磨きすると、ブラシにぬるぬるした粘液が絡みつくじゃないですか。いや、僕の舌が特別ぬるぬるしているわけじゃない、みんなそうなんだと信じて書いていますが、絡みつくじゃないですか。あのぬるぬるが、水道水で洗ってもなかなか落ちていかない。それも嫌い。とってもストレス。

ソニッケアーなら

ところがソニッケアーだとどうでしょう。見た目はただの歯ブラシです。というか、歯ブラシです。それでいて、ゴムのような感触なので、舌を優しく撫でるだけで、きっちりとぬるぬるを回収してくれます。で、ここからがソニッケアーの最高なところなんですが、そうやってブラシがぬるぬるした状態でですね、おもむろに電源をオンにするんです。すると、ブゥーンと高速で振動が始まって、なんということでしょう、ぬるぬるがひとりでに、まとまってブラシから落ちていくのです。勝手にですよ! ノータッチです。ぬるぬる触らなくていいんです。電源オンすると、ブラシの自浄作用で勝手にきれいになるのです。振動すごい!

けっこう高い

歯・舌を高い次元で快適にキレイにしてくれるソニッケアー。こうなるともう手放せないのですが、替えのブラシが結構高いんですよね。しばらく使っていると、写真左のブラシのように、色合いが落ちて毛先が広がってきます。だんだんと弾力も失われていくので、まあ、口が臭い人間になるよりマシかと思って買ってます。

ちなみに僕は今、歯列矯正中なので口の中は金属だらけです。過酷な環境で使用している割には、ブラシがブリッジに引っかかったりもしないし、振動で手堅く歯磨きできるので、歯列矯正中の方にもおすすめです。もちろん金属だらけなので、ソニッケアー後に歯間ブラシ、一点突破型の歯ブラシ、デンタルフロスでフィニッシュしていますが、超時間のかかる歯磨き作業の一部が電動で済むので助かっています。

Posted in 生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。