シャンプーとかボディーソープを入れる容器、いわゆるソープディスペンサーを買い換えました。恐ろしいことに、この画像は買い換え前のものです。かっこいいので。

スポンサーリンク

かっこいいので

やっぱり、かっこいいヤツのほうがいいじゃん。ということで購入したのが、この「山崎実業 ツーウェイ ディスペンサーヴェールライト スクエア」シリーズのボトル。画像にはありませんが、シャンプー、リンス、ボディーソープ用の3つ買いました。なぜ画像には一つしかないかといいますと、他の2つはもう捨てたからです。

なぜソープディスペンサーが必要なのか

まず、シャンプーを入れる容器がなぜ必要なのか、という話です。通常、シャンプーは専用の容器に入って販売されています。それを買えば、別売の容器など不要のはずです。なのになぜ、わざわざ詰め替え用を購入して、別に買った容器に入れる必要があるのか。詰め替え用の方が安いから? ノー。内容量あたりの価格をみれば、大した安くはないです。ゴミを減らしてエコに貢献したいから? ノー。あまりエコには興味ありません。見た目がかっこいいから? おしい。逆の発想です。答えは、通常のボトルだと、かっこよくないからです。

なぜならば、僕の愛用しているシャンプーは「コラージュフルフル ネクストシャンプー」という、フケ対策のシャンプーだからです。先日、乾燥肌という話をしましたが、頭皮もそうなのか、普通のシャンプーで洗うと、わりとフケが出るんです。その点、この「コラフル」は僕には合っているようで、フケ? えーちゃんと頭洗ってるのー?(笑)と言えるサイドに立てるくらいフケが出なくなります。

そんな素晴らしいシャンプーなのですが、いかんせん、フケ対策シャンプーが置いてあるのを見ると、心がブルーになってしまいます。そこで、こういった専用のディスペンサーが必要になってくるわけです。

さんざん画像貼ってますが、これはもう捨てました

かっこいいこのディスペンサーですが、弱点があります。この接合部がめちゃくちゃ弱いです。プッシュしてスライドするところの隙間です。内部にチューブが通っており、そこをシャンプーが進むわけですが、そのチューブが内部で折れるようです。するとどうなるか?

かっこわるい!

はい、これが実際に使用した場合の画像です。プッシュしてスライドするたびに、隙間からシャンプーが漏れてくる。ほっとくと、濃度のこいシャンプーが固まって、洗えども洗えどもなかなか流れないようになります。もちろん内部のチューブが折れさえしなければ、漏れてきません。しかし、シャンプー、リンス、そしてボディーソープ用に3つ使っていましたが、最後まで折れずに頑張ったのは一つのみでした。あとの2つは画像のような有様です。

メッキが剥がれる

また、内容物の種類にもよるようですが、吐出口のメッキが剥げます。おそろしいことに、画像は剥がれていないものです。剥がれているやつはもう捨てました。ただし、これはこの製品の問題というよりは、メッキ全体にいえる問題っぽいです。というのも、このディスペンサーの前にも、別のディスペンサーを使っていたのですが、それもこのメッキタイプで、やはり剥げてました。「安物だから剥げちゃうんだろうな。もう少し高いやつを買おう」と思って買ったこのディスペンサーも案の定剥げたので、まあ、そういうモノなんでしょう。メッキタイプはダメなんです、多分。

そしてついに今回購入したディスペンサーですが

そんな二度にわたる失敗の経験を踏まえて、今回購入したのがこのディスペンサーです。「RETTO ディスペンサー」。決してかっこよくない。ポップな見た目の割に近未来なフォントで書かれた「BODYSOAP」。かっこよくは、ない。

非常に、楽

なんといっても、楽なんです。透明ケースでかっこいいタイプのディスペンサーって、水垢とかで汚れると、一気にかっこわるくなっちゃうんです。でもこの真っ白なディスペンサーなら、水垢もまったく目立ちません。容量もたくさん入ります。

また、僕の気に入っている点が、ワンプッシュあたりの吐出量が、とってもたっぷりであること。オシャレ系ディスペンサーって、面積の小さくて押すと指が痛くなるようなヘッドをプッシュすると、ほっそーい極少量のソープが出てくるんですが、その点このRETTOは違う。ヘッドの面積が異常にでかい。そしてチューブが太いのか、かなり出てくる。100%まで押し込むと、僕には出過ぎなので、80%くらいでやめるくらいの量が出てきます。

問題の接合部も

さんざん僕を困らせてきたシャンプー漏れ問題も、今のところこのRETTOは大丈夫です。分解したわけじゃないので構造は分かりませんが、まあいい感じに作ってるんでしょう。もし漏れてくるようならまたご報告します。

そういうわけで、嫌になってもう捨てた商品の画像のほうが多いやんけ、という記事になりましたが、まあ、モノ買うときっていうのはデメリットをよく考えないといけないですからね。僕がおすすめするのはRETTOですが、風呂入る度にシャンプーボトルも洗うから別にいいというような人には、山崎実業のほうもおすすめしときます。

Posted in 雑貨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です