普段の足に、ヤマハの電動自転車を購入しました。これが超便利なので、いつもカギをキーケースに入れておこうと思ったのですが、自転車のサークルロックって、走行中は常にカギを挿していないといけないですよね。キーケースをぶら下げて走るわけにもいかないし、サークルロックは諦めて、ワイヤ錠を別に買おうかとしたところ、簡単に着脱できるキーホールダーを発見しました。

スポンサーリンク

マーキー・ドック

車のカギ、家のカギ。なんとなく歴史を感じるパッケージです。その界隈では有名な商品なのでしょうか。

パッケージ裏側

ポッチをスライドさせると、片方のリングが外れます。

外したところ

ポッチをスライドして外したところです。着脱原理は、洗濯機の給水口とか、ホースのワンタッチジョイントと同じです。単体でみると、なかなかクールな見た目です。

付属のリングは、よくあるキーホールダーのリングなので、気に入らなければ外して他のものを使うことも可能でしょう。

まー、でかいんですわ

薄々感づいてはいましたが、まー、でかいんですよね。左にキーケースの取り付け金具、右に自転車のカギを取り付けたところです。15cm弱くらいあります。

あまりに長いので、キーホルダーのリングを外して、直接キーケースの金具と本体を取り付けてみたところ、金具のカーブと本体の穴が知恵の輪のようになってしまう瞬間があり、ムカつくので結局この形に落ち着きました。

ハミでてますね

キーケースから余裕でハミでる長さ。このキーケースは、引っ越しを機に新調したものです。案の定ネットで購入したのですが、届いてみて「うわ、でか。邪魔だな」と思いました。そんなキーケースから余裕でハミでてます。普通のキーケースであれば、ハミでると言えるでしょう。

閉じてもやっぱりハミでてます

ジップアラウンドのキーケースって、カギの取り外しめちゃくちゃ面倒くさそうだけど、見た目はすきだし、仕方ない、我慢して使おう。と思っていましたが、逆にそのジップアラウンドに救われました。完全にハミでていますが、ジッパーを閉じれば収まります。危なかった。

パージ

おかげさまで、自転車のカギを常に安心して持ち運べるようになりました。このキーホルダーに出会うまで、「ジッパーついてるし大丈夫だろ」とキーケースの中に裸のカギをぶち込んでいたのですが、まー、よく落とすんですよね。あんな生活を続けていたら、いつしかカギを無くしてしまっていたことでしょう。どうしてもキーケースに自転車や車、バイクのカギを入れておきたい方におすすめです。

Posted in 生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です