歯ぎしりしていると、音がうるさいだけでなく、歯が摩耗してしまいます。僕は今、歯列矯正をしているのですが、歯列矯正中は噛み合わせが悪くなるので、摩耗がすごいです。歯医者の先生に「さくら君、もしかして歯ぎしりしてる? これみて、犬歯がほとんど平らになっちゃってるよ(笑)」と言われて、この先生ちょっとヤバイなと思いましたが、家に帰って矯正前の写真と見比べてみると、マジで犬歯丸くなってました。そういうわけでマウスピースを買いました。

スポンサーリンク

群雄割拠している

例によってamazonで「マウスピース」を検索するのですが、とにかくいろんな怪しいマウスピースが出てきます。とにかくレビューがエグい。人によって言ってることがバラバラ。怪しい日本語のレビューは無視するとしても、どれがいいのか全くわからない。

僕は歯列矯正中なので、矯正のブリッジが付いていても使えるものでないとダメです。また、日に日に歯並びが変わってゆくので、「熱で温めて自分の歯並びに合わせられる」系も却下です。つまり、できるだけシンプルで、コンパクトな形状であることが必要なのです。

そういうわけで冒頭のマウスピースを買ってみることにしました。えーと、amazon購入履歴によると、当時1,280円……。思ったより安くなかった……。

マジで歯に合わない

まあ、出落ちなんですが、当初はこんなふうに一体成型されたマウスピースが届いたんですね。そのまま嵌めてみると、もう全然歯に合わない。ブリッジ云々じゃなく、何考えて作ったんだこれってくらいフィットしない。そりゃまあ、人間の顎、めちゃくちゃ個人差ありますからね。そりゃユニバーサルなマウスピースなんてものは無理だ。

そういうわけで写真のようにニッパーで切断したわけです。するとどうでしょう? アリになりました。これはアリです。ただ、どちらかというと嵌めているというより、噛み続けているような感じです。翌朝までちゃんと噛み続けていられるのですが、慣れないうちは顎が痛くなりました。今は、軽いタッチで噛み続けられるようになったのか、あるいは顎が強化されたのか分かりませんが、ほぼほぼ問題なく使用できています。

シリコン製なので力強い弾力があります。ガチで顎に力を入れても噛み切れるような代物ではありません。このマウスピースを使い始めて、かれこれ3か月になりますが、壊れるような素振りもありません。

デメリットとして、「うお、なんだこの食べ物、噛み切れねえ!」という夢をよく見るようになります。先日も、夢の中で唐揚げを食べようとしたら、「うお、噛み切れねえ! あ! いつものあれか、マウスピースか!」と目が覚めました。夢の中での食事を楽しみにしている方にはおすすめできかねます。

もう売ってない

でまあ、購入して3か月後に、こうして記事を書こうと思ったわけですが、もうamazonで売ってないんですね、これ。現在在庫切れで、入荷予定無し。ぱっと見た感じ、amazon以外でも売ってなさそう。いったい誰のための記事なんだこれは。

ただその、他にも系統として似たようなものはありますので、そちらをご検討ください。僕が言いたいのは、ユニバーサルなマウスピースなどありえないが、ニッパーがあればなんとかなる、ということです。

Posted in 生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。