うちは賃貸だから、画鋲とかダメなんだよね。そう思っていませんか? 「ハイパーピン かけまくり」で革命を起こしましょう。まず、ワンルームの部屋が広くなります。そして、ステキなポスターで生活に潤いが生まれます。

スポンサーリンク

ハイパーピン かけまくり

フック付きの画鋲です。細めのピンがクロスして壁に刺さることで、1つあたり2.5kgの耐荷重を実現します。掛け時計はもちろん、2つ使えば重めのポスターフレームも難なくぶら下がります。

でも、賃貸だと、壁に穴を開けるのは躊躇しちゃいますよね。5年も住めば、耐用年数的にチャラになるという話もありますが、5年住むかどうかなんて分かりません。現に僕は、向こう10年は住むだろうと思っていた家を、わずか1年で退去しました。先のことは分かりません。

安心してください、穴は消せます

この画鋲のピン先のあたり、実はこのハイパーピンを使って空いた穴があったところです。転居する際に、「ハイパーピン、細いピンだとはいっても、やはり空いた穴は目立つじゃないか……!」と焦ったものですが、「画鋲 穴 消し方」でググったら、簡単に答えにたどり着きました。

画鋲の穴の消し方

  1. ティッシュを2mm四方くらいで切り取る
  2. 穴に木工用ボンドをチョイ付けする
  3. ティッシュを添える
  4. 画鋲を使って押し込む

これマジなんですよね。「うせや~ん」と思いましたが、やってみたらマジで消えるもので、もっと俺に穴を消させてくれ! と思うくらいでした。実際、上の画像、どこが埋めたところか分かりますか? 僕には分かりません。一瞬でも目を話すと、完全にわからなくなってしまうので、手の位置を固定して頑張って撮影したものです。

先日、住居クリーニング費用の精算書が送付されてきましたが、壁関係での請求は一切なし。賃貸借契約書に記載のあった所定のクリーニング費用しか請求されませんでした。

ハイパーピンにモンベルパッドをぶら下げます

さて、設置したハイパーピンに、モンベルのコンフォートシステムパッドをぶら下げます。先日、「モンベルでベッドから自立し、マットは自立する」でご紹介したとおり、僕はベッドを捨てて寝袋で寝ています。

このコンフォートシステムパッドには、枕連結用の穴がちょうどよく開いているので、この穴でぶら下げます。穴を使う都合、寝袋シーツはずり下げて装着します。弾力があるので、ズルズルとこれ以上落ちてくることはありません。

さらに寝袋もぶら下げます

夏用の寝袋、モンベル的に言うとサーマルシーツもぶら下げます。寝袋にはなんらかしらぶら下げるところが付いているので、うまくいきます。

ベッドの専有面積、ゼロへ

首を90度傾けてみてください。お分かりになりますか。ワンルームを我が物顔で占拠していたベッドが、いまや専有面積ゼロになってしまいました。

存在感、ゼロへ

ドアの後ろにすっぽり収まります。未来だ。これは未来の到来だ。想像してみてください。あなたの部屋のベッド。その場所、完全にフリーになります。自由に使えるようになります。あなたはそこに何を起きますか? ソファーを置いてもいいでしょう。観葉植物、いいでしょう。何も置かない。それも、アリですね。一つ言えること。あなたは空間を手に入れたのです。

僕が猛プッシュしたいモンベルのパッドですが、どうやら後継品になってしまった模様です。上部にあった穴が、側面になってしまっているようです。穴は開いているのでぶら下げられるとは思いますが、完成図としてはこの記事の写真とは違った形になりそうです。

より厚みのある黄色いパッドであれば、従来通り上部に穴が開いているようです。どうせ畳まないので、こっちのほうがいいかもしれません。

ちなみに枕

空気注入式の枕もあるのですが、うっかりオーダーメイドで数万の枕を買ってしまったため、断捨離できなかったものです。ソファの下にすっぽり収まります。

ポスターフレームでオシャンティ

うちのトイレです。さくらちゃんのB全サイズポスターを木製フレームで飾っています。ちょっと重さがあるので、1つのピンで7kgまでイケる強力なハイパー品を使っています。

便座に座ったとき、正面に見えるのは、ご存知、堀江由衣スクールカレンダー2017です。世界一可愛い美少女のことですね。あまりにも可愛すぎて、神様も世界に一人だけしかお作りになられなかったという逸話があります。

やりたいほうだい

去年のスクールカレンダーも現役で頑張っています。ハイパーピンがすごいというより、木工用ボンドがすごいおかげで、もうやりたい放題できます。ああ、ほっちゃん、君はどうしてそんなに可愛いんだい? できることなら、ほっちゃんに送金させてほしい。大好きな人が幸せでいてくださることが、一番の幸せなんです。

Posted in 生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です